べっぷ火の海花火大会2018年の日程とおすすめスポット紹介!

スポンサーリンク


大分県別府市で地元新聞社主催により、毎年7月末の3日間に「べっぷ火の海まつり」が開催されます。

「べっぷ火の海まつり」の最終日には、お祭りの最後を飾る、人気の花火大会で盛り上がります。

別府湾から打ち上げられる8000発の連続花火や大玉は迫力がありますよ!

毎年大勢の人手でにぎわう「べっぷ火の海納涼花火大会」を楽しんでもらうために、日程とおすすめスポットを紹介しますね!

スポンサーリンク

べっぷ火の海納涼花火大会の基本情報

べっぷ火の海納涼花火大会の基本情報
◆日時:2018年7月29日(日)20:00~21:00

◆打ち上げ場所:大分県別府市/別府スパビーチ沖

◆アクセス:
・JR別府駅から徒歩15分
・大分道別府ICから車で20分
※交通規制あり

◆臨時駐車場:無料駐車場あり、駐車場から無料シャトルバスあり

◆打ち上げ数:約8000発

◆人出数:約4万5000人

◆問い合わせ先:0977-84-2828(べっぷ火の海まつり実行委員会・別府市観光協会内)

◆関連HP:http://beppu-event.jp/natsuyoi/

◆べっぷ火の海納涼花火大会の周辺地図

べっぷ火の海納涼花火大会の見どころ

別府湾の空がカラフルにそまる8000発の花火!

別府湾から打ち上がる100連発の大玉やクジャクが羽を広げているように見える、黄金クジャクが見どころです。

別府通りは歩行者天国になっていて、別府ならではの屋台も出店しています。

お客さんも参加できる盆踊り大会もあり、金曜日から日曜日までの3日間、あますところなく楽しむことができますよ。

動画の4分20秒から連続で打ち上がる花火がみどころ!

別府を楽しむオススメスポット3選!

1.別府温泉

まさに日本を代表する温泉の一つがこの別府温泉です。

地獄めぐりツアーもあり、さわやかなコバルトブルーの「海地獄」、本当に血がはいっているように真っ赤な色をした「血の池地獄」、一定の間隔で噴き出す「竜巻地獄」は一見の価値ありです!

立ち寄り温泉の砂湯や家族風呂もたくさんあるので、旅の疲れを癒すことができますよ~

2.別府で食べたいスターメニュー

・関アジ、関サバ
鮮度抜群で1度たべたら忘れられないお造りです。

関アジは6月~9月頃、関サバは10月~3月頃になるので、花火の時期は関アジが楽しめますよ~

・とり天
 下味をつけた鶏肉に衣をつけてあげたのが「とり天」といいます。

下味がついているのでそのままでも美味しいですが、カボスをしぼって食べたり、お店独自のタレにつけて食べると美味しさが広がります。唐揚げと違って、あっさり食べることができるので、1度食べてみてください!

3.杉の井ホテル

別府を代表する杉の井ホテルは、アミューズメント施設が隣にあり、温泉、プール、ボーリングが楽しめます。

バイキングのクオリティーも高く食事も最高です。

夜はプロジェクションマッピングやイルミネーションがありとっても綺麗でした。

大展望露天風呂の「棚湯」からの景色も最高ですよ!

別府温泉 杉乃井ホテル

他にも、別府冷麺や地獄蒸し野菜など、珍しいものがたくさんあるのでそちらも訪れてみてくださいね。

まとめ

◆べっぷ火の海花火大会は、別府湾をカラフルに彩る100連発の大玉、黄金クジャクが見どころ!

◆別府に行ったら、別府温泉と別府グルメを堪能しよう!

別府観光はレンタカーを借りてまわった方がおすすめですよ。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です