ボトルシップ初心者向けキットの日本丸を作ってみました!(ロープ張りまで)

スポンサーリンク


週末とGWを利用してボトルシップを完成させようと考えていましたが、まだ途中です(^_^;)

今はやっとロープ張りまで終わったところです・・・

まだ初心者ですが、これまでの経過を感想を踏まえながら、紹介したいと思います!

これから作る人の参考に少しでもなってくれたら嬉しいです♪

スポンサーリンク

マストの加工からロープ張りまで

前回は、悪戦苦闘でしたが船体の部分まで作りました。

今回はマストの加工からです。

マストとヤードを加工しました

まず、各部品をカッターで切り取りました。そのままだと角があるので、紙ヤスリで角を丸くしてやりました。

マストは帆柱のことで、ヤードは横の棒のことです。

私はヤードという呼び方を初めて知りました(^^;)

力が入り過ぎたのか、1本折ってしまいました・・・(;_;)

「あ~、部品取り寄せしないと・・・」って思ってたのですが、とりあえず他の部品を削っていたら、1本分予備あることに気が付きました!

本数が多いので削っているうちにだんだん気が緩んでくるのですが、力の入れすぎに注意しましょう!

次にマストに着色しました。

私はアクリル絵の具で塗ろうと思って買いに行きました。

説明書に「デザートイエローと白を1:1混合」と書いてあったのですが、その名前が無かったので、「イエローオーカー」で代用しました。

「デザートイエロー」は後から「タミヤカラー」の色の名前だと知りました・・・(^_^;)

塗っている途中で、塗料で穴が埋まってしまったので、乾いてからマチ針で穴を開けておきました。

マストとヤードを取り付けました

この工程で「マストにロープを通して、ヤードの穴に両端のロープを通して結んであげる」ということをやりたいのですが、実際やってみると難しい・・・

1本は通るんですが、2本目が通せない・・・最初の糸が邪魔しちゃうんですよね・・・

あと、自分の老眼が進んでいることにも気付きました・・・(;_;)

拡大ルーペが欲しいと思いました・・・

悩むこと10分、「もう少し硬ければ良いのにな~」と思ってた時に、「木工用ボンド塗ったら硬くなるかも!」と思って塗ってみました。

まだ入りませんでした。また10分くらいやってました・・・狙いは良さそうなんだけどな~と思ってた時に、「2本まとめて固めて一緒に通せばいけるかも!」と思ってやってみました。

やっと入りました;つД`)

糸が通しづらい時は、糸の先端を木工用ボンドで固めると入りやすくなりますよ!

1つ取り付けるのに30分近くかかってしまった・・・結び目を木工用ボンドで接着しました。

でも、要領を掴んでからはヤード1つ取り付けるのに3~4分くらいで出来ました。やっと1本出来た!

なんとか全て取り付けられました~。マストの下に真鍮線も取り付けました。

帆を切り取って接着しました

次に付属の帆を切り取って、ヤードの前面に取り付けます。

最初の1つ切り取りましたが、初めはこんな状態です。

1つずつ切り取って、少し丸くクセを付けてヤードの前面に貼り付けます。接着には木工用ボンドを使用しました。

これは、割とすんなりいきました。

全部出来ました~

スポンサーリンク

基準のロープを張りました

マストを船体の甲板の穴に差し込みます。

船尾に付けておいたロープを、マストの上部の穴に通して、穴とロープを木工用ボンドで接着しました。

バックステイのロープ張りをしました

マストと船体をロープで結び付けるのですが、いざロープを通そうとしたら説明書に書いてある、Aという穴が開いてないんですけど・・・

マジか・・・印は付いてるんだけどな~

なんとか穴を開けないと、と考えて思い付いたのが、「ピンバイス」です。

先端が細いドリルのようになっています。

付属の注意書きに「良く使われる工具類」で書いてあったので、とりあえず買ってました。

買っておいて良かった・・・

赤丸の箇所に穴を開けたのですが、少し溝があったので穴は開けやすかったです。

そして次の問題が発生・・・

ロープをどれ位の長さにすれば良いか説明書には書いてないので、最初は15センチくらいでやってみたのですが、足りませんでした・・・(;_;)

上下に行ったり来たりするので、意外と長さが必要でした・・・

一度取り除いて、今度はロープを30センチの長さにして張り直してみました。今度は丁度良い長さでした。

取り除いた15センチのロープは、後ろのジガーマストに使用しました。

開始点と終点の穴を接着と書いてあったので、ここは瞬間接着剤を使用しました。

他の3箇所も同じように張りました。

ブレースランナーのロープ張りをしました

一番手前のマストの上から2つのヤードの両端を、2番目のマストの穴に結び付けています。

この時のロープの長さは5センチにしました。

同じように後ろの2本のマストも結びました。

この辺りから台座を使いました。最初は手で持っていたのですが、さすがに帆やマストが動いてやりづらくなりました・・・

この台座は前にペットボトルシップで作った台座なのですがちょうど良かったです。

今度は下の3つのヤードの両端と甲板と結び付けます。

この時のロープの長さは11センチにしました。(最初10センチでやったのですが、結びづらかったので・・・)

ちょっと上のロープのたるみが気になるところです・・・

スポンサーリンク

最終ロープ張りをしました

先端のマストからロープを結び、帆を取り付けました。

瓶から出して引っ張る必要があるので、この時のロープの長さは20センチにしました。(ロープはまだ少し残ってたので、もう少し長くても大丈夫だと思います)

やっと、ここまで出来ました~

今回良く使用した道具

先の細い少し曲がったピンセットは、重宝しました。

ロープを通したり、ロープで輪を作ったり、引っ掛けたりと大活躍でした!

用意しておくと便利ですよ!

裁縫で良く使う糸切バサミ。はみ出したロープを切るのに使いやすかったです。

あとは、つまようじ。木工用ボンドや瞬間接着剤を付ける時に、つまようじに付けてから塗ると量を調整しやすかったです。

マチ針は糸が通しづらい時に、穴を広げてから通してました。

まとめ

ロープ張りは難しかったです(^^;)

ですが、最後の方は少し手際も良くなってきた気がします。

ロープは少し長さに余裕を持った方が結びやすかったりするな~と思いました。

あと、船台作って、船をボトルに入れる工程が残ってますが、もう一息です!

ボトルに入れるところで失敗しないように気を付けないとな~

続きは、また週末になると思いますが、また結果を報告したいと思います。

良かったらこちらの記事も見てください↓

ボトルシップの作り方は?初心者向けのキットがおすすめ!

2018.02.03
スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です