ボトルシップ初心者向けキットの日本丸を作ってみました!(船体のみ)

スポンサーリンク


私はボトルシップ初心者なので、まずは初心者向けキットと言われている、ウッディジョーの日本丸を購入してみました!

先週の4/14(土)に家に届いてから、いつ作ろうかな〜と考えていたのですが、4/21(土)から作り始めました。

平日はあまり時間が取れないので、週末にゆっくり作っていこうと思います。

最初パッと説明書を見た時に難しそうというイメージがありました…

失敗したくないので、作り始めるまでに5回も説明書を読んで、足らない工具はないか確認して、自分なりにイメージトレーニングしました(^^;)

それでも作っている途中で、いろいろ悩んだり気付いたことがあったので書いておきたいと思います。

スポンサーリンク

箱と部品の確認

箱は思ったより小さかったですね~でも瓶の中に入れるんだから完成したら小さいですよね。

裏面はこんな感じです

ボトルシップ用のピンセットも買いました(でもボトルに入れるのはまだまだ先なので、しばらく使わないですね・・・)

部品も確認しました。

さて、いよいよ作っていきます!

船体を作ってみました

船体の上部の加工

船体の中に支柱を入れて、紙ヤスリで削りました。

本当はここで接着しておけば良かったのですが、「接着前に仮止めして確認して下さい」と言う記載を勘違いして、接着しないでヤスリをかけていました…(^_^;)

手で持ちながら紙ヤスリかけるのも力が入らないし、不安定でした…

甲板をニッパーで切り取り、ヤスリで仕上げました。

ロープを通す穴用に溝を作ります。

最初にシャープペンで穴の位置を書くと削りやすくなりましたよ。

カッターで溝を作りました。

船尾に糸を入れるための2mmの凹み(だいたいですが)を作りました。

左右4ヶ所ずつ、溝を削った状態です。

船底の組み立て

付属の棒を2つに切って穴に通す

付属の棒を2つに切って、穴に入れようとしたのですが、キツくて入りませんでした…

無理に入れたら折れそうな予感がしたので、紙ヤスリで削ってやることにしました。

少し削ったら無事に入るようになりました!

削り過ぎると、ユルユルになってしまうので、同じように削る人は注意してください!

船体は全部で4つあります。

重ねてみます。

重ねてまわりの段になっている部分をカッターで荒削りします。

あとでスクリューの部分が壊れてしまうのですが、今考えてみると、ここで船尾の部分を丸めて削ってしまったのがいけなかったのかも・・・
スポンサーリンク

船体の成型

付属の型紙です。

型紙を切り取ります。

型紙をあてながら、船体を削っていくのですが、どうも船尾の部分がイメージしづらい…途中から平らになっていく部分が…

あとスクリューの位置が説明書と比べると、随分手前だな〜と気になってました…

とりあえず削っていったのですが…

ゲッ!壊れてしまった…

そしてさらに削っていくと、今度は穴が…

なんか、もう、怪しい雰囲気が満載なんだけど、なんとかならないか考えた結果、反対側も同じように削って、ここにスクリューを入れようと考えました・・・

こんな感じです。

私のやり方がまずかったのか?スクリューの切れ込みの位置が良くないのか?という疑問はあるのですが、これから作る人は、スクリューの切れ込み位置と、船尾を削る時には注意です!だんだん最初の粗削りが悪かった気がしてきました・・・

その後、塗装してスクリューを接着しました。見た目はだいぶ誤魔化せている感じ!

甲板も塗装して後ろにロープを通し、船の上にのせるデッキやボートも塗装しました。

ひとつひとつのパーツが小さいので、どう塗ったら良いのかな~と考えました・・・

手で塗ったら手もベタベタになるし・・・

ということで、私は

不要な雑誌の上で転がしながら塗りました。

塗装面がくっついてしまう所もありますが、乾いたらひっくり返して、また塗りました。これなら、あまり手が汚れませんよ。

乾いてから、瞬間接着剤で接着します。先の尖ったピンセットがあると便利だと思います。
画像はありませんが、青いラインはマスキングテープを使って塗りました。ヨレヨレですけど(^^;)

塗り終えて乾いた状態のものを並べました。

重ねるとだいぶ雰囲気出てきましたね!

でも、まだまだ先は長いです…

この先はマストの作成が待っています…

今週末はここまでにしました。

それでも休憩はさみながらですが10時間くらいかかりましたね・・・(^_^;)

船体を紙ヤスリで削っていく作業や、塗装して乾くのを待っている時間は結構かかります…

また、続きは来週やろうと思います!

GWもあるし、完成までいきたいな〜

良かったらこちらの記事も見てください↓

ボトルシップの作り方は?初心者向けのキットがおすすめ!

2018.02.03
スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です