江戸川花火大会2018年の日程、アクセス、おすすめスポットを紹介!

スポンサーリンク


江戸川花火大会は千葉県で人気の大会となっています。

人気のひとつとしてあげられるのがエキサイティング花火!!

オープニングからフィナーレまでダイナミックな花火が盛りだくさん!!

同時日程に開催される市川市民納涼花火大会と合わせて2つの花火大会が楽しめますよ!

今回は江戸川花火大会の日程、アクセス、おすすめスポットを紹介します♪

スポンサーリンク

江戸川花火大会の基本情報

◆日程:2018年8月4日(土)
※悪天候の場合、翌日に順延、翌日以降も悪天候の場合中止。

◆開催場所:江戸川河川敷 (都立篠崎公園先)

◆打ち上げ時刻19:15~20:30

◆打ち上げ数:約1万4,000発

◆例年の人手:約139万人

◆トイレ:常設12か所・仮設16か所

◆問い合わせ:03-5662-0523(江戸川区花火大会実行委員会事務所 江戸川区産業振興課内)

◆公式サイト:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/hanabi/index.html

◆江戸川花火大会周辺の地図

江戸川花火大会のアクセス

電車

都営新宿線 篠崎駅から篠崎公園まで徒歩約15分

総武本線 小岩駅から篠崎公園まで徒歩約30分

バス

京成バス:小73小岩駅⇔スポーツランド・瑞江駅(南小岩2丁目下車 徒歩約10分)

京成バス:新小71新小岩駅⇔スポーツランド・瑞江駅(新皆面橋又は中図師下車 徒歩約10分)

花火大会終了後バス:
小岩方面は小岩2丁目から 
新小岩方面から今井・一之江方面は中図師からです

江戸川花火大会の見どころ

オープニングからフィナーレまで大迫力の花火

江戸川花火大会のオープニングでは、江戸川名物!!5秒間に1,000発花火が打ち上げられ夜空一面が煌びやかに輝きます。

圧倒的なスタートに観客も大興奮の花火になります。

さらにフィナーレの花火を飾るのは、カラフルに輝く花火と夜空一面を覆いかぶさるかのような金銀カムロシャワーです。

花火のシャワーとはまさにこのことですね。花火シャワーは動画の17:10からご覧いただけます。

江戸川花火大会の屋台は小規模な範囲でしか出ていないようです。

ですが市川市民納涼花火大会ではたくさんの屋台が出ていますので、屋台を楽しみたい方は市川市民納涼花火大会に行かれてみるのもいいですよ。

スポンサーリンク

江戸川花火大会のおすすめスポット

篠崎公園

住所 〒133-0054 東京都江戸川区上篠崎1丁目25−1

篠崎公園は打ち上げ会場のすぐ側なので、絶好の穴場スポットになります。

人気が高いスポットなので打ち上げ時刻が近づくと混雑してしまいますが、少し早めに行けば場所取りも出来ます。

江戸川区側の河川敷

住所 〒133-0054 東京都江戸川区上篠崎1丁目

花火は河川敷での打ち上げとなるので、全体的に花火が見渡せる穴場となっております。

混雑はしているのですが、江戸川河川敷は広いのでいいスポットを探しながら花火を見るのも一つの手です。

市川市側の河川敷

住所 〒272-0034 千葉県市川市市川4丁目

市川市の河川敷は、江戸川区側の河川敷より混雑が少ないので比較的ゆっくりと花火を楽しむことが出来ます。

ゆっくり見たい方におすすめのスポットです。

まとめ

今回は江戸川花火大会の日程やおすすめスポットなどご紹介しました。

2つの花火大会が開催されるので混雑しますが、江戸川花火大会の花火は約1万4,000発!!混雑も気にならない程の大迫力です。

今年は是非、江戸川花火大会を楽しんできてくださいね。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です