福岡シーサイドももち花火大会!2018年の日程とおすすめスポット紹介!

スポンサーリンク


福岡県ももち浜で開催された花火大会です。なんと17年ぶりに開催されました。

すでに2018年の日程も決まっていますよ!

有名花火師が手がける花火と音楽のシンクロがすばらしい花火ショーです。

大勢の人手でにぎわう「福岡シーサイドももち花火ファンタジア」を楽しんでもらうために、日程とおすすめスポットを紹介します!

スポンサーリンク

福岡シーサイドももち花火大会の基本情報

◆日時:2018年7月18日(水)19:30~

◆打ち上げ場所:
福岡県福岡市早良区百道浜2丁目、4丁目地先 シーサイドももち海浜公園

◆アクセス:
・福岡市地下鉄空港線西新駅から徒歩15分
・JR博多駅から西鉄バスにのり約25分福岡タワー南口下車徒歩すぐ

◆打ち上げ数:約1万2000発

◆有料席:
・百道浜ブロック指定席:3000円(小学生:1000円)
・地行浜ブロック指定席:2000円(小学生:1000円)
・プレミアム席(軽食・ドリンク付):7000円
・ビーチプレミアム席:5000円

◆人出数:約3万2000人

◆トイレの数:あり

◆問い合わせ先:092-852-6590(花火大会案内デスク)

◆公式HP:http://rkb.jp/hanabi_fantasia_fukuoka/

福岡シーサイドももち花火大会の周辺地図

福岡シーサイドももち花火大会の見どころ

ももち浜で繰り広げられる近未来な大輪の花火!

シーサイドももち浜海浜公園の広いエリアを使って、5箇所から一斉に花火が打ち上がります。

花火専用のコンピューターを使って、音楽と花火をシンクロさせた花火にレーザー光線の演出も加わり、まるでディズニーランドでエンターテイメントショーをみているかのようです。

花火ファンタジア」と名付けられるのも納得です。

総合演出は芸術花火で世界に知られる日本橋・丸玉屋です。

2018年の有料席はファミリーブロックもあるので、ご家族でお得に楽しめますよ!


動画の7分間は目が離せません!

スポンサーリンク

絶対食べたい!美味しいおすすめスポット3選!

1.もつ鍋

オススメポイント:
福岡博多にきたらまず外せないのがもつ鍋です。

もつ鍋の名店がいくつもあり、どのお店もスープに特徴があって、美味しいですがいつもお邪魔するのが「やま中」です。

17:00~開店で、昼間は食べることができないので、福岡に泊るときに必ず行くもつ鍋屋さんです。

メニューはシンプルでもつ鍋、しゃぶしゃぶ風ともつ鍋のトッピング具材のみで、もつ鍋のスープはみそ味、しょうゆ味2種類です。

私は初めて食べたとき味噌スープで食べたのですが、その味が忘れられず、しょうゆスープも美味しいんでしょうが、いつも味噌を選んでしまいます。

シメのちゃんぽんがスープを吸って、どれだけでも食べられるので食べ過ぎ注意です!

やま中:http://motsunabe-yamanaka.com/

. 博多もつ鍋 やま中 本店@博多/大橋 . 博多名物の「もつ鍋」。その中でも人気No.1のお店が「博多もつ鍋 やま中」。 高級感漂う、風情のある一軒家のお店でいただくもつ鍋は、プルプルの肉厚のもつと、ニラとキャベツと牛蒡の千切りなどのたっぷりの野菜。柚子胡椒を少し付けて食べると、さっぱりと上品な味わいで、いくらでもペロリと食べられそうな気がする。 しょう油味と味噌味としゃぶしゃぶ風があるが、しょう油と味噌では、どちらかというとしょう油の方が好みだった。 本場博多の人気店のもつ鍋は、これまで食べたどのもつ鍋よりも断然美味しかったわ。ご馳走さまでした。 . #お店の女の子のレベルが高いのはガチ #これでまたお肌がツルッツルだ #鍋 #もつ #もつ鍋 #博多もつ鍋 #やま中 #博多もつ鍋やま中 #大橋 #博多

shinchanさん(@shinzix0225)がシェアした投稿 –

2.福岡名物「屋台」めぐり

オススメポイント:
福岡屋台は天神、中州、長浜の3つのエリアに集中しています。

日が暮れてくるとどこからともなく屋台ができあがり、屋台エリアが出没します。

屋台では焼きラーメン、焼きホルモン、ひと口餃子、おでん、ラーメンなど種類は豊富で人気店は行列ができるほどです。

ただ、屋台がたくさんあるのでどこに行けばいいかわからない・・・と言う方は料金をきちんと表示しているお店に行きましょう。

大体20時~23時がピークなのでそれをさけていくとゆっくり食べることができますよ。

3.水炊き

オススメポイント:
福岡は水炊きの専門店があります。店によって透明なスープ、白濁したスープにわかれていて、白濁スープはコラーゲンたっぷりの美肌スープなんです。

料金は夜だと1人前2000円~3000円するのですが、お昼は気軽に楽しめるお値段で食べることができます。

水炊きはまず、具を入れる前にスープを楽しみ、野菜を入れて味わい、シメのおじやでスープを全部味わいましょう。

福岡は「博多とおりもん」や「明太子」など有名お土産がいろいろありますが、是非おすすめしたいのが、「努努鶏(ゆめゆめどり)」です。

冷凍コーナーに置いてあるのですが、冷やしてたべる唐揚げなんです。

食べるときは少し常温に戻しますが、‘決して温めないで下さい’と説明書が入っているくらい温め厳禁な唐揚げです。

だけど不思議とパリパリサクサクで唐揚げの常識がかえられた感じでした。

味は最初甘く、次第にピリ辛であっという間に全部食べてしまうくらい美味しいので手にとってみてくださいね。

まとめ

◆花火と音楽、レーザー光線の近未来花火

◆福岡グルメ食べ尽くそう

福岡は福岡中心部でショッピングを楽しんだりもできますが、海が近いのでゆっくり浜辺を散歩したり、水族館で遊んだり、いろんな見どころスポット満載です。

是非、泊まりで是非訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です