2018年度、花粉症を和らげるために効果的な10の事とは?

スポンサーリンク


早いところでは1月下旬頃から花粉が飛び始めるようです。

毎年、花粉症に悩まされている人には憂鬱な時期ですよね。

そんな花粉症を少しでも和らげるのに効果的なことをまとめてみました。

スポンサーリンク

①マスクを付ける

普段からマスクを付けて、花粉が鼻に入り込まないようにしましょう。

鼻から頬、顎までをすっぽりと覆い、フィットするものが良いです。

長時間付けるので、耳が痛くないものが良いですね。

最近では、マフラー型のマスクもあります。

②外から家に入る時に花粉を落とす

花粉を落とさないと、外出時に衣服に付着した花粉が家の中に入り込んでしまいます。

服に着いた花粉は手で落としてもあまり効果がないようです。

では、どうしたら良いのかと言うと、市販のコロコロや、粘着テープなどで取ったり、掃除機で吸い取ったりするのが良いようです。

外に干した洗濯物を取り込む時にも注意しましょう。

また、外出時にあらかじめ静電気を除去するスプレーを吹きかけておくと、衣服への付着を抑える効果が有ります。

③うがい・手洗い・洗顔・鼻うがいを行う

帰宅時にはうがい・手洗い・洗顔を行って、花粉を洗い流しましょう。

これは多くの人が実践してますよね。

あとは鼻うがいも効果的だと言われています。

鼻に水を入れると言うと苦しいのではないかというイメージが有りますが、鼻うがいをすると鼻がスッキリします。

花粉症だけでなく、風邪やちくのう症の予防にもなります。

洗浄器具と洗浄液がセットになったものも市販されていますので、試してみてはどうでしょうか?

④ドア・窓を開けっ放しにしない

開けっ放しにすると、花粉が家に入ってしまいますね。

花粉の多い時期は注意しましょう。

⑤花粉カットメガネをかける

花粉症の時期になると、目がかゆくなったりする人は、花粉対策用のメガネを使ってみてはどうでしょうか?

花粉の侵入を軽減する作りになっています。

バリエーションも豊富です。

⑥甜茶を飲む

甜茶はアレルギーの原因となる「ヒスタミン」の分泌を抑制する効果があると

言われています。

花粉が飛び始める2週間前くらいから飲み始める方が効果的なようです。

ダイエット効果も期待出来るので女性の方にはおすすめです。

今はお茶以外にも、甜茶のサプリや飴なども売られているので試してみてはどうでしょうか?

⑦ヨーグルトを食べる

ヨーグルトは免疫力の向上、腸内環境を整えることにより花粉症にも効果があると

言われています。

乳酸菌、ビフィズス菌を含むヨーグルトが良いようです。

ヨーグルトも花粉が飛び始める2週間くらい前から食べるのが効果的なようです。

⑧花粉症に悪い食べ物を控える

トランス脂肪酸を多く含む食べ物は、悪玉コレステロールを増やすことになり、腸内環境を悪化させてしまいます。

インスタントラーメンやファーストフード、マーガリンなどがあげられます。

生のトマトなどヒスタミンを多く含んでいるものは、花粉症を悪化させてしまいます。

ハムやソーセージなどの加工食品カフェインの取り過ぎも良くありません。

⑨花粉症用の飲み薬や点鼻薬

抗ヒスタミン薬を服用し、ヒスタミンの作用を抑えます。

こちらも2週間くらい前から服用するのが効果的です。

⑩睡眠不足、ストレスに気を付ける

睡眠不足やストレスにより、免疫力が低下します。

十分な休養を取って、免疫力を保持しましょう。

まとめ

最後にまとめると

花粉症の予防に効果的な10のこと
1.マスクを付ける
2.外から家に入る時に花粉を落とす
3.うがい・手洗い・洗顔・鼻うがいを行う
4.ドア・窓を開けっ放しにしない
5.花粉カットメガネをかける
6.甜茶を飲む
7.ヨーグルトを食べる
8.花粉症に悪い食べ物を控える
9.花粉症用の飲み薬や点鼻薬
10.睡眠不足、ストレスに気を付ける

食事や薬は効果が出始めるのに少し時間がかかります!

花粉の飛び始める1~2週間前から早めの対策をすることにより、少しでも軽減することが出来ると良いですね。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です