唐津市九州花火大会2018年の日程と見どころ、おすすめスポットを紹介!

スポンサーリンク


佐賀県唐津市で夏の始まりを告げる人気の花火大会です。

6000発の花火が唐津城をバックに打ち上がります。

毎年大勢の人手でにぎわう「唐津市九州花火大会」を楽しんでもらうために、日程と見どころ、おすすめスポットを紹介します!

スポンサーリンク

唐津市九州花火大会の基本情報

◆日時:2018年7月15日(日)20:00~21:00

◆打ち上げ場所:佐賀県唐津市西の浜

◆アクセス:
・JR筑肥線唐津駅から徒歩15分
※交通規制あり

◆臨時駐車場:なし

◆打ち上げ数:約6000発

◆人出数:約25万人

◆トイレの数:あり

◆問い合わせ先:0952-28-2151(佐賀新聞プラニング)

◆佐賀新聞社HP:http://www.saga-s.co.jp/

◆唐津市九州花火大会の周辺地図

唐津市九州花火大会の見どころ

唐津城をバックに打ち上がる大輪の花火!

日本三大松原で有名な佐賀県唐津市の夏の始めを知らせる花火大会です。

毎年、県内外からたくさんのひとが訪れる人気の花火大会です。

クライマックスでは2尺玉仕掛け花火のナイアガラが佐賀の夜を一段とたのしませてくれます。

唐津城をバックに打ち上がる大玉の花火は必見ですよ!

空撮した唐津城のライトアップ打ち上がる花火がみどころ!

おすすめスポット3選!

1.虹の松原

オススメポイント:
虹の松原は、日本三大松原として有名な景勝地です。

福岡県糸島から唐津に向かう時に通りましたが、約5キロほど続く松のトンネルはとても素敵でした。

ドライブ中は海はみえませんでしたが、唐津城や高台から眺める海と松がとても美しかったです。

駐車場もあるので、車をとめてゆっくり散歩するのもおすすめですよ。

2.呼子(よぶこ)町

オススメポイント:
唐津市呼子町は「イカの町」として有名な町です。

透明度抜群の「イカの活きづくり」はイカだけを目当てに他の県から観光客が押し寄せてきます。

鮮度抜群のイカは、味も食感も今までには味わったことがなく新鮮で美味しいです!

そして、活きづくりを楽しんだ後は、ゲソを天ぷらにしてもらえます。

初めて呼子でゲソの天ぷらを食べたときは、美味しすぎて感動しました!

お土産は日持ちしませんが、イカの一夜干しがおすすめです。

すこしあぶって、醤油マヨネーズなどで食べると絶品ですよ。

また、呼子の朝市もやっていますので、こちらも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

3.七ツ釜

オススメポイント:
遊覧船にのって七ツ釜クルーズにいくことができます。

七ツ釜は玄界灘の荒波に浸食され続けたことから作られた断崖の7つの洞で、国の天然記念物にも指定されているそうです。

正直、クルーズはあまり期待していなかったのですが、間近で7つの洞窟をみることができ、とても迫力がありました。

遊歩道もあり、近くまでいくことができるので、船が運休していても、玄界灘の荒波を感じることができますよ。

他にもお土産では「いかシュウマイ」が1番のおすすめです。

まとめ

◆唐津の夏を知らせる6000発の花火!

◆日本三大松原でのんびりお散歩を楽しみたい。

◆呼子でイカを食べ尽くそう!

唐津市では美しい景色美味しいイカがおすすめです!

泊まりで是非訪れてみてくださいね。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です