熊野大花火大会(三重)2018年の日程と見どころ、おすすめスポットを紹介!

スポンサーリンク


三重県熊野市で毎年開催される人気の花火大会をご存知でしょうか??

熊野大花火大会」はお盆の初精霊供養が起源と言われており、300年もの歴史を持つ花火大会として知られています。

見どころの海上自爆や鬼ヶ城大仕掛けの花火はスリル満点で大迫力です!

熊野大花火大会を楽しんでもらうために、日程・見どころ・おすすめスポットを紹介しますね!

スポンサーリンク

熊野大花火大会の基本情報

◆日程:2018年8月17日(金)
※雨天・高波の場合延期・毎年8月17日に開催されます

◆開催場所:三重県熊野市井門町 七里御浜周辺

◆打ち上げ時間:19:10~21:30

◆打ち上げ数:約10000発

◆トイレ:数か所に仮設トイレが設置されます。

◆問い合わせ:0597-89-0100

◆公式サイトURL:https://www.kumano-kankou.info/kumano-fireworks/

◆熊野大花火大会会場周辺の地図

熊野大花火大会のアクセス

徒歩

熊野市駅から会場まで徒歩約10分

バス

名古屋駅・名鉄バスセンターから三重交(名古屋南紀線)で約4時間
東京・JR池袋東口から熊本氏駅前まで約9時間30分

国道169号線経由
阪神高速松原JCT➡阪和自動車道美原JCCT➡南阪奈自動車道葛城IC
➡大和高田バイパス小房交差点右折➡国道169号線➡ 熊野市五郷町
時間 約3時間30分  高速代 約2,500円
名阪国道 国道25号線経由
阪神高速松原JCT➡西名阪自動車道天理IC➡名阪国道伊勢関IC
➡伊勢自動車道勢和多気JCT➡紀勢自動車道尾鷲北IC
➡国道42号線➡熊野尾鷲南IC➡熊野市街地
時間3時間20分  高速代 約4000円

交通規制

・開催当日は、熊野駅周辺から花火会場周辺にかけて多くの場所で交通規制が敷かれます。
車などで行かれる場合は、早めに行動することをおすすめします。
・国道42号線会場近く海岸沿いのファミリーマート熊野花野いわや店付近~鬼ヶ城トンネル付近まで20:30~21:45の間は自動車交通禁止

・熊野駅から花火会場周辺は12時~24時まで車両通行禁止

熊野大花火大会の見どころ

夜空に広がる約10,000発の花火!!

熊野大花火大会で人気なのが「三尺玉海上自爆」。

3.2.1とカウントダウンし、思いっきり大きな自爆花火が夜空一面に咲き乱れます♪

スリル満点の圧倒的な迫力をもつ三尺玉海上自爆は、熊野大花火大会でしか味わえません!!

動画でカウントダウンからじっくり見ていただいて最後の大迫力花火をお楽しみください。

見てわかる通り観客も大興奮!!ぜひ、近くで見ていただきたいです。

フィナーレを飾る鬼ヶ城大仕掛け

人気なのは三尺玉海上自爆だけではありません!!

熊野大花火大会のフィナーレを飾る鬼ヶ城大仕掛けも見どころ!!

鬼ヶ城の岩場から大きな花火から小さな可愛らしい花火が次々に打ち上り、こちらでも自爆花火がご覧いただけます。

大迫力の花火とその音が会場全体に響き渡る鬼ヶ城仕掛けは見ないと損!!と言わんばかりの素晴らしい花火となっています。


動画も最初から最後まで大迫力なのでぜひ楽しんでみてください!!

スポンサーリンク

おすすめ穴場スポット

獅子岩

七里御浜沿いの獅子岩周辺では、花火はもちろん獅子岩と花火を一緒に撮れるため多くの人に人気の穴場スポットになります。

打ち上げ場所からも近いので花火を存分に楽しむことができますよ!

花火会場の有料席

熊野大花火大会の観覧会場の七里御浜では1番ゲートから7番ゲートまであります。

有料になりますが、観覧席からの花火は絶景になります。ぜひ観覧会場からご覧になってください。写真も綺麗に撮れるスポットです。

有料観覧席チケットの詳細は下記のURLからご覧になれます。

有料観覧席のURL
https://www.kumano-kankou.info/kumano-fireworks/paid-seat/

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、熊野大花火大会2018年の日程やアクセス・見どころ・おすすめスポットについてご紹介いたしました。

開催当日の混雑や帰りの渋滞などがかなり大変になりますが、熊野大花火大会で繰り広げられる花火はとても見応えのある素晴らしい絶景が見どころとなっております。

思い出のひとつとして良き一日になるかと思いますのでぜひ、足を運んでみてください!

最後までお付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です