真駒内花火大会2018年の日程、見どころ、穴場スポット、有料席情報も!

スポンサーリンク


北海道札幌市で行われる「真駒内花火大会」では、毎年約2万人の来場客が訪れています。

花火・音楽・レーザー・炎によるド派手な花火はとても人気となっていますよ。

今回は、真駒内花火大会の日程、見どころ、穴場スポットを紹介します!

スポンサーリンク

真駒内花火大会の基本情報

◆日程:2018年7月7日(土)
※雨天決行。荒天の場合は8日(日)に延期

◆場所:真駒内セキスイハイムスタジオ

◆打ち上げ時間:19:50~21:00

◆打ち上げ数:約22,000発

◆アクセス:
(地下鉄)
・南北線地下鉄真駒内駅から徒歩約30分
(シャトルバス)
・地下鉄真駒内駅より片道210円のシャトルバスが運行

◆駐車場:なし

◆例年の人手:2万人

◆屋台:あり

◆屋台営業時間:13:00~

◆トイレ:あり

◆問い合わせ:011-841-8166(真駒内花火大会運営事務局)

◆公式サイト:http://www.makomanai-hanabi.com/about/

◆真駒内花火大会周辺の地図

真駒内花火大会の見どころ

真駒内花火大会の見どころは、光・音楽・花火・レーザーをミックスしたド派手な花火です!

特に丸玉屋と紅屋青木煙火店の花火はすごいんですよ!

2017年の丸玉屋のハイパー花火ファンタジアでは下にはレーザーと光、上には大迫力の花火でした!!

動画では4:00からのレーザーと花火のコラボが見どころです。

今年はどんな花火が打ち上がるのか楽しみですね♪

次に紅屋青木煙火店の花火は、何といっても炎と光と花火のコラボレーションがすごい!

大迫力の花火がこの真駒内花火大会の一番の見どころです。

迫力がありすぎて言葉もでません!

どの花火も豪華なのでぜひ見に行かれてくださいね♪

動画では1:32の炎とバチバチに散る花火が見どころです。

スポンサーリンク

真駒内花火大会の穴場スポット

1.ニュー真駒内ゴルフセンター裏の河川敷

住所:〒005-0803 北海道札幌市南区川沿3条1丁目1

河川敷からの花火は川を挟んでいるので、花火はもちろん水面の花火もお楽しみできます!

会場から近いおすすめスポットです。

2.北海道立真駒内公園

住所:〒005-0017 北海道札幌市南区真駒内公園1−3番1号

真駒内公園は打ち上げ会場からとても近い場所にある公園なので、有料席を取らなくても大迫力の花火を楽しむことができます。

混雑はさけはられないですが、良いスポットです。

3.北の沢りす公園

住所:〒005-0801 北海道札幌市南区川沿1条2丁目

北の沢りす公園は高台になっているため、打ち上げ会場が全体的に見渡せる最高の場所です。

少し遠くから観る花火も綺麗ですよ。

有料席・チケット情報

懐に余裕があって、場所取りは嫌だな~、花火はゆっくりと見たいな~という人は、有料席を検討してみてはいかがですか?

有料席

有料席の種類価格
アリーナエキサイティングシート(前方2列)1人 8000円
アリーナS指定席1人 4000円
アリーナ指定席1人 3800円
アリーナイス自由席1人 2800円
スタンドS指定席1人 5500円
スタンド指定席1人 4200円
スタンド自由席1人 3000円

チケット情報

チケットは(ローソンチケット・チケットぴあ)又は電話で購入することができます。

ローソンチケットで購入する
2018年5月12日(土)10:00~2018年7月7日(土)19:50まで、ローソン店舗で直接チケットを発券。
チケットぴあで購入する
2018年5月12日(土)10:00~2018年7月6日(金)23:59まで、サークルKサンクス・セブンイレブンで購入可能。
電話で購入する
真駒内花火大会運営事務局に電話で購入可能。

真駒内花火大会運営事務局
電話:011-841-8466
受付時間:平日10:00~18:00まで

公式サイト:http://www.makomanai-hanabi.com/ticket/

スポンサーリンク

公共交通機関の利用をおすすめ

真駒内花火大会は、とても人気なので非常に混雑します。

開催地付近の駐車場は駐停車が不可となっているので、公共交通機関の利用をおすすめします!

公共交通機関も大変混雑しますので、何事も時間に余裕をもって行動するのが良いですね。

まとめ

◆光・音楽・レーザー・炎がミックスされた大迫力の花火が見どころ!

◆大迫力の花火を観られる穴場スポットも!

◆開催当日は非常に混雑するので、公共交通機関の利用をおすすめします!

いかがでしたか?

真駒内花火大会は、例年約2万人もの来場客が訪れる人気の花火大会です!

瞬きも忘れるほどのド派手な花火をぜひ、観に行ってみてください♪

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です