森町桜祭り2018年の日程と見どころ、おすすめを紹介!

スポンサーリンク


函館から車で約1時間のところに、北海道茅部郡森町が有ります。

森町では毎年、5月上旬から5月下旬に桜が見頃になるんですよ♪

見頃に合わせて、「もりまち桜まつり」も開催されます!

満開の桜はとても見応えが有るので、満開の桜を一目見ようと、毎年多くの観光客で賑わいます。

今回は北海道在住の私が、「もりまち桜まつり」の見どころやおすすめを紹介しますね♪

スポンサーリンク

もりまち桜まつりの基本情報

もりまち桜まつりは2つの公園で開催されます。

イベントやライトアップが行われるメイン会場は青葉ヶ丘公園になります。

◆開催場所:
青葉ヶ丘公園(北海道茅部郡森町清澄町12)

オニウシ公園(北海道茅部郡森町上台町326-18)
※青葉ヶ丘公園から徒歩5分くらいのところです。
      
◆開催時期:4/28(土)〜5/13(日)

◆アクセス:
車で行く場合、函館からは約1時間、札幌からは約4時間
道央自動車道森ICから3分

電車で行く場合、JR森駅から徒歩10分

◆駐車場:約800台(無料)

◆入場料:無料

◆ライトアップ:あり(青葉ヶ丘公園で日没~22:00)

◆連絡先:森観光協会 01374-7-1286

◆公式HP:http://www.kankou.mori.hokkaido.jp

もりまち桜祭りの周辺地図

森町にはどんな桜があるの?

青葉ヶ丘公園

青葉ヶ丘公園は、大正3年に大正天皇の即位を記念して、1000本の桜が植樹されました。

樹齢100年以上の古木など、16種類の桜が約1000本植えられているんです!

5月4日 道南🌸満開😊 #moricho #cherryblossom #青葉ヶ丘公園

lovetravelingさん(@lovetraveling6692)がシェアした投稿 –

園内にはモリコマチ、アオバシダレといった、世界に1本だけの希少な桜や、ギョイコウ、ウコンなどの黄緑色の花を咲かせる珍しい桜も見ることが出来ますよ!

オニウシ公園

オニウシ公園って、変わった名前ですよね。

アイヌ語で「樹木の多くある所」という意味があるそうで、森町の名前の由来にもなっています。

オニウシ公園には、ソメイヨシノなど20種約500本の桜が植えられており、コマミザクラ、ホリイヒザクラなど希少な桜も見ることが出来ます!

道の駅「YOU・遊・もり」にも隣接しているので寄りやすいです。

スポンサーリンク

もりまち桜まつりの見どころ

夜桜を楽しむ

青葉ヶ丘公園ではライトアップされた桜を楽しむことができますよ!

画像は夜空とライトアップされた桜のコントラストが綺麗ですね~

夜はまだ冷えるので、夜桜を見に行く場合は、暖かい服装で出掛けてくださいね♪

お祭りでは、イベントやステージでの催しものがたくさんあります!

毎年歌謡ショーが開催されます

5/6(日)には歌謡ショーが開催され、今年は歌手の水森かおりさんがゲストで来てくれますよ!

今年はカラオケ採点バトルも!

最終日にカラオケ採点バトルが開催されます。

歌に自信のある人、大勢の前で気持ち良く歌いたい人は参加してみては?

最後を締めくくる花火大会

毎年、お祭りの最終日には最後を締めくくる、見応えのある花火大会が開催されますよ。

短い時間の動画の中にも「バババーン!」と打ちあがって、迫力が伝わってきますね!

森町には美味しい食べ物もたくさん!

森町の美味しい食材が楽しめる

森町産の美味しいカキやホタテを味わえますよ!

また、北海道では定番のジンギスカンの出店が多く、食べ比べも出来るんです。

七輪、炭を貸し出してくれるので、道具を用意しなくても、手軽に食べることが出来るのでおすすめです!

桜ソフトクリーム

ほんのり桜色をした「桜ソフトクリーム」、美味しそうですね♪

お祭りに行ったら味わってみてくださいね!

いかめしも食べたい!

いかめしは森町が発祥の地なんです!

ぜひ、本場の味を堪能してください!

まとめ

◆森町の希少な桜など、約1500本の桜を眺める♪

◆もりまち桜まつりの美味しい食べ物を食べて満足する♪

◆もりまち桜まつりのイベントを楽しむ♪

函館の桜も良いですが、森町の桜も見応えがありますよ。

今年は、森町にも足を伸ばしてみたいですね!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です