なにわ淀川花火大会2018年の日程・場所は?穴場スポットも!

スポンサーリンク


大阪の花火を代表する「なにわ淀川花火大会」です。

毎年8月の初めに開催される花火大会で、昔は「平成淀川花火大会」と呼ばれていました。

今回は、なにわ淀川花火大会の日程・場所、穴場スポットをご紹介します!

なにわ淀川花火大会の基本情報

◆日時:2018年8月4日(土)19:40~20:40 雨天決行
※2018年の日程はまだ発表されていないので、決まり次第更新しますね!

◆打ち上げ場所:大阪市淀川区新北野 淀川河川敷

◆アクセス:
(十三会場)阪急十三駅またはJR塚本駅から徒歩約15分

(梅田会場)阪急・阪神・地下鉄御堂筋線梅田駅またはJR大阪駅または地下鉄谷町線東梅田駅から徒歩約25分

◆打ち上げ数:非公表 (2万発くらい上がっていると言われています)

◆人出数:約43万人

◆駐車場:なし

◆トイレ:有料席にあり

◆問い合わせ先:06-6307-5522 なにわ淀川花火大会運営委員会

◆公式サイト:なにわ淀川花火大会 公式サイト

なにわ淀川花火大会の周辺地図

なにわ淀川花火大会の見どころ

大阪を代表する超大型花火大会ですので、何といっても花火がすごい!

当たり前だろ!と突っ込まれるかもしれませんが、とりあえず動画を見てください。

私のお気に入りは10:48~からです。

『すごい迫力』じゃないですか?

大きくて色鮮やかな花火が、前の花火を追うように打ち上がるので、瞬きをする暇もありません。

なにわ淀川花火大会の特徴ともいえる高低差を上手く使った花火です。

上を見ても下を見ても楽しめる、というのは斬新。

他にも尺玉一斉打ち上げや「音楽シンクロ花火」といった、この花火大会でしか味わえないような演出が盛りだくさんです。

キャラクター花火なんかもあるので、お子様も楽しめますよ~。

あと、おすすめのポイントがもう一つ。

それは「アットホーム感」についてです!

これは土地柄なのか分からないのですが、なにわ淀川花火大会に来ると、なんとも言えない懐かしさを味わうことができます。

言葉では上手く説明できないですが、クセになる懐かしさですので、ぜひ一度行ってみてください。

言っていることが少しは分かっていただけると思います。

スポンサーリンク

なにわ淀川花火大会の穴場スポット3選

1.本庄公園

住所:〒531-0073 大阪府大阪市北区本庄西3丁目11

オススメポイント:

花火会場から場所は少し離れていますが、その分、人が少ないです。

花火をさえぎるビルも少なく、穴場スポットとしても人気。

ゆっくりと見たい方におすすめの場所です。

2.淀川河川公園・西中島野球場

住所:〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島1−地

オススメポイント:

こちらも花火会場から少し離れています。

その分、場所取りが楽に行えます。

場所自体も広いので、早くから場所取りができない方におすすめのスポットです。

3. 日本ペイントビル前付近

住所:〒531-0077 大阪府大阪市北区大淀北2丁目1−2

オススメポイント:

少し見上げる形で、花火が見れます。

打ち上げ位置からも近く、ゆっくりと見れますが、最近は人気の場所になりつつあります。

そのため、少し早くに場所取りへ向かえる方向けのスポットです。

なにわ淀川花火大会のもう一つの魅力!

それは屋台です♪

なにわ淀川花火大会では、屋台が500店ほど出ており、こちらを楽しみにきている方も多いくらい人気です!

きれいな花火を見る前に、屋台巡りをしてみてはいかがですか?

※ある程度、先にやりたいことを考えておきましょう。

そうしないと、何もできないくらい、人が多いので!

なにわ淀川花火大会の駐車場に注意!

駐車場についてですが、最寄りにいくつかのパーキングがあります。

しかし、早い時間から交通規制が始まるため、公共交通機関の利用をおすすめします。

電車か徒歩の方が、動き回りやすいですよ~。

まとめ

◆圧倒的な花火!

◆圧倒的な出店の数!

◆圧倒的なアットホーム感!

一度行けば、特別な花火大会になること間違いなしの「なにわ淀川花火大会」です。

公共交通機関も多くある場所ですので、気軽に行けますよ♪

あの大きな花火と街中で見る花火は格別です!

ぜひ一度、行ってみてください♪

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です