大阪天神祭奉納花火2018年の日程は?アクセス情報、見どころも紹介!

スポンサーリンク


観光では道頓堀や大坂城などが有名な大阪府ですが、その他にも有名なお祭りが有ります!

大阪府で行われる天神祭奉納をご存知でしょうか?

天神祭では行列や能が行われる他に花火も打ち上げられ、とても活気溢れる歴史あるお祭りです。

花火も大迫力で見応えがあり、夏を楽しむにはもってこいのイベントですよ!

今回は天神祭奉納の日程やアクセス情報・天神祭の歴史、見どころについて紹介しますね♪

スポンサーリンク

大阪天神祭奉納花火の基本情報

宵宮 2018年7月24日(火)
本宮 2018年7月25日(水)

住所:大阪府大阪市都島区中野町1丁目

会場:毛馬桜ノ宮公園~川崎公園~大川一帯

花火大会日程:2018年7月25日(水)
※開催当日悪天候の場合中止になり、振替日はありません。

打ち上げ時刻:19時30分〜20時50分

打ち上げ数:約5,000発

お問合せ:06-6353-0025(大阪天満宮)

公式HP:http://www.tenjinsan.com/

大阪天神祭奉納花火のアクセス情報

会場近くには3つの駅があります。

JR大阪環状線 桜ノ宮駅から徒歩10分

JR片町線(学研都市線)京橋駅から20分

JR片町線(学研都市線)大阪城北詰駅から徒歩10分

大阪天神祭奉納花火の見どころ

神様にお供えする奉納花火

神様にお供えする為の約5,000発の花火は、連発花火で大迫力!!

ものすごい速さで連発する花火はかなりの見応えがありますよ!

動画では、クライマックスで惜しみなく花火が続きます。

是非この大迫力の花火を近くで見ていただきたいです。

宵宮 獅子舞宮入り

7月24日に開催される獅子舞・宮入りでは、太鼓や笛の音と共に踊り進んでいく行列が行われます。

祭りに参加する人々の「それー!!」という掛け声で街中が活気に満ち溢れます。

子供たちも一緒になって参加しており、元気な姿を見ると楽しくなりますね♪

元気な掛け声と踊り・音楽に注目して頂きたいです。

大阪天神祭奉納花火とは?

天神祭は天暦3年(949年)に創祀された歴史のあるお祭りです。

現在は、天神様「菅原道真公」と言ったら学問の神様として知られています。

ですがその当時、都で頻発していた落雷や疫病のはやりなどの天変地異が度重なり、人々はこれを怨霊神・雷神などの考えがあったようです。

道真公の霊を鎮める為、天満宮が創始されてその翌々年の天暦(951年)に始まった、大川に神鉾を流す鉾流神事が船渡御の始まりと言われています。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

とても賑やかで活気のあるお祭りですので、ぜひ皆様も遊びにいってみてください♪

楽しい思い出になること間違いないです☆

大阪天神祭奉納の日程・アクセス情報・歴史と見どころをご紹介しました!

最後までお付き合い有難うございました。

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です