静内二十間道路の桜並木2018年の見どころ、開花時期は?

スポンサーリンク


北海道は桜の名所がたくさん有りますが、

北海道の桜の名所の中でも、人気のお花見スポットである

静内二十間道路の桜並木をご紹介します。

スポンサーリンク

二十間道路の桜並木の基本情報

◆住所:北海道日高群新ひだか町静内田原~静内御園

◆アクセス:車で日高道日高門別ICから国道235号を経由して道道71号を静内田原方面
JR静内駅から桜まつり会場まで臨時バスも有ります。

※JR日高線は高波による土砂災害のため現在運休中です。
復旧の見込みはなく、鵡川~様似間をバスで代行運行しています。

◆駐車場:期間中は約300台の臨時駐車場あり、料金は無料

◆人手:例年約10万人

◆開花時期:例年5月上旬~5月中旬

二十間道路は何て読むの?

以外と悩んでしまう人が多い読み方も紹介しておきますね。

二十間道路は「にじゅっけんどうろ」と読みます。

道幅が約36メートル(二十間)ある事から、二十間道路と呼ばれるようになりました。

ちなみに「間」と言うのは、建物の寸法に使われる単位に使われており、

1寸(3センチ)、1尺(30センチ)、1間(180センチ)となっています。

1間は大体、畳2畳分ですね。

スポンサーリンク

二十間道路桜並木の見どころ

二十間道路の桜並木は、全長7キロの道路で、

道の両側には約3,000本の桜が植えられています。

どこまでも続く桜並木は見応えが有ります!

下の動画は空から、二十間道路を撮影していて綺麗ですよ!

二十間道路の桜並木は、「日本の道100選」、「日本さくらの名所100選」、「北海道遺産」

に認定されるなど、広く知られています。

二十間道路の桜並木で見ることが出来る桜の種類は

◆エゾヤマザクラ

◆カスミザクラ

◆ミヤマザクラ

の3種類です。

この中でもエゾヤマザクラが全体の7割を占めています。

歩きながら撮影している様子も良いですね!

見頃の時期(5月上旬~5月中旬)に合わせて、しずない桜まつりが行われます。

花のトンネルの近くのイベント広場では、お土産や出店が有ります。

渋滞情報

週末やゴールデンウィークの連休中は渋滞します。

地図で調べて裏道などから入って、少し離れた所に車を停めて歩きながら眺めていくと、

渋滞もなくゆっくり楽しく見れますよ。

まとめ

静内二十間道路の桜並木道内1のお花見人気スポットです。

二十間道路に向かう途中で見える海の眺めも気に入っています。

まだ行ってみたことが無い人は、一見の価値有りですよ!

こちらの記事も良かったら見てくださいね♪

北海道の桜2018!行ってみたい桜の名所ランキングベスト10!

スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です