借金を早く返済する8つのコツ、こんな考え方は危険なので注意!

スポンサーリンク


みっぴ
借金の返済が毎月辛い、管理人です・・・

もうかなり危険なところまで来ていて、毎月綱渡り状態です・・・

家族の医療費のため銀行ローンを何社も借りてしまい、長期で組んでいたリフォームローンやクレジットカードの返済が酷いことになっています。

ざっくりとした額ですが、住宅ローンを除いても借金は1000万円を超えています・・・

返済は月20万円近いです・・・

人生を巻き戻したい気分でいっぱいです・・・

とは言っても、悩んでいても何も始まりません。

自分の失敗を他の人にも繰り返して欲しくないので、自分の失敗を元に、借金を早く返済するコツと、注意しなければならない考え方を紹介したいと思います。

同じように悩んでいる人に、少しでも役に立つ記事になればな~と思います。

スポンサーリンク

借金を早く返済する8つのコツ

借金と一言で言っても、自分の収入に見合ったものなのか、返済出来る範囲を超えているのかによっても負担は異なります。

ここでは、比較的取り組みやすい順に記載していきますね。

1.自分の収入支出を見直してみる

みっぴ
自分の収入がいくらあるのか?

支出がいくらあるのか?

考えてみてください。

ローンや光熱費や教育費の支払日、普段コンビニで買っているものがいくらくらい使っているのか、すべてノートに書き出してみます。

普段から家計簿などを付けている人はわかっているかもしれませんが、お金の流れを理解出来ていないことから、借金は膨らんでいきます。

なんとなく使ってしまって、あとで足りなくなって困ってしまうのです。

ですから、返済に充てるお金を除いたお金でやりくりすると言うことが必要になります。

今月使えるお金はいくらあるのか?ということを考えるのです。

そのお金が少しでも余れば貯蓄や返済に充てることが出来ます。

そのお金でやりくり出来ないと言うことは既に赤字ということです。

2.元金を意識して繰り上げ返済をする

お金を借りたら金利0円でない限り、元のお金よりも多く返済しなければなりません。

長く借りれば、毎月の支払額が減って、なんか得した気分になりますが、実際はその分の金利を多く払うことになり、損することになります。

みっぴ
もう何年も支払いしているのに、金利しか払っていなかった何てことにもなりますよ・・・

やり繰りして少しでも余ったお金を、繰り上げ返済することにより、金利を減らすことが出来ます。

頑張って繰り上げ返済をしましょう!

3.生活を見直してみる

みっぴ
節約出来るところはないか?

無駄使いをしていないか?

ちょっと振り返ってみてください。

きっといろんな事が改善出来ると思います。

私が改めた例を一部あげると

私が改めた事の例
◆飲料水をコンビニで購入しないで、水筒を持っていく。

◆昼は外食やコンビニ弁当を買わないで、家からお弁当を持っていく。

◆保温式のポットは使わないで、お湯が必要な時だけ沸かす。

◆我が家は割と不便なところなので、車を2台所有していたのですが1台にした。
車は有ると便利だけど、車の維持費(ガソリン代、保険料、自動車税、車検、タイヤ代、修理費)は結構かかりますよね・・・。

◆買い物はできるだけまとめて行く。ガソリン代や衝動買いが減る。

◆携帯電話会社の見直しをした。

◆毎月の不要な支払いは無いか確認して、必要ないものは解約した。

など、ライフスタイルによって違いはあると思いますが、いろいろ改善出来ることは有ると思います。

塵も積もれば山となりますので、日々の生活を見直してみてください。

スポンサーリンク

4.不用品を売る

不用品を近くの中古品買取店やネットオークションなどで売るという方法もあります。

大きな収入にはならないかもしれませんが、少しでも収入が欲しい時は一つの手段です。

みっぴ
断捨離にもなりますね。
不用品の例
◆書籍
◆おもちゃ
◆フィギュア
◆洋服
◆電化製品
◆バッグ
◆貴金属
など、売れるものはいろいろあります。

店舗に電話したら事前にいくら位で買い取ってくれるなど、教えてくれたり、大きいものなどは引き取りに来てくれたりしますので、活用してみると良いと思います。

5.収入を増やす

自分の出来ることで収入を増やすのが良いですね。

働き方改革で難しいかもしれませんが、残業代が期待出来るなら残業をする。

資格を取得するのは簡単では無いですが、資格手当が出るなら勉強して資格を取る。

副業(アルバイト)が可能であれば副業をする。

ただ、副業は自分に合っていないことをやろうとすると、精神的に負担が大きかったり、健康を害してしまったりして、本業に支障が出ますので注意してください。

みっぴ
私は普段デスクワークですが、アルバイトで倉庫で働いた時に腰を痛めました・・・

本業が休みの日に働くので、疲れが取れるどころか疲れ倍増でかなり辛いです。

方法はいろいろ有りますが、収入が増えて収支がプラスになり、ここで踏みとどまることが出来れば、あとは本人の努力次第で借金は減っていきます!

6.ローンの借り換えを検討する

みっぴ
返すために借りるのはすでに黄色信号です。

多重債務に陥っています。

返せるあてが有って、短期で借りるなら良いかもしれません。

金利が低いローンに借り換えが出来ないか検討してみるのも有りだと思います。

今はおまとめローンなどもあるので、審査が通れば、まとめて月々の返済額を下げることが出来ますが、その分、長期で支払いをすることになるので、逆に支払い額が増えることにつながります。

キャッシングやおまとめローンの恐いところは、勘違いをしてしまうということです。

自分のお金では無いのに、自由に使っても良いお金が増えたような錯覚を起こします・・・

少し多めに借りて、その分で何か購入したり、贅沢をしてしまったりします。

計画的に使わないと、おまとめローンでまとめても、すぐに苦しくなってしまうので注意しましょう!

7.両親・親戚・知人から借りる

みっぴ
お金の切れ目は縁の切れ目と言いますよね・・・

借りないで済むなら借りたくはありません・・・

ですが、両親や親戚、知人など、頼れる人がいるのなら、借りて毎月の負担を軽くするのも有りだと思います。

貸金業者から借りることを考えると、無利子で借りることが出来て、返済も融通を聞いてもらえやすいです。

ただし借りるのであれば、踏み倒したりせず、必ず返す誠意を見せなければいけませんよ!

8.債務整理を考える

みっぴ
私は過去に債務整理をしたことが有ります。

その時の経験がまったく活かされていないため今の状態な訳ですが・・・

債務整理は不安なイメージがありますよね。

私も今でも、出来ればしたくないと思っています。

こうなってしまったのは自分のせいだから、自力でなんとかしたい!

しかし、どうしても支払いが出来なくなってしまった。

精神的にも追い詰められて、仕事にも手が付かない・・・

そうなった時の最終手段だと思っています。

債務整理には3つの種類が有ります。

任意整理
弁護士に依頼して、貸金業者に交渉してもらい、利息をカットしてもらい、月々の返済額を見直します。過払い金が有れば、過払い金請求をしてさらに減額が出来る場合もあります。
個人再生
借金を減額し、現状の収入に応じて、3~5年で返済可能な返済計画を作成し、返済していきます。住宅や車を手放す必要がなかったりします。一般的には任意整理の5分の1程度に減額されます。
自己破産
自分の財産を全て処分しても、払いきれない借金が有る場合、借金の返済を全額免除してもらいます。その代わりに、自分の財産を全て失ってしまいます。

3つのうち、よく利用されるのは任意整理です。

ですが簡単ではありません。

任意整理のメリット・デメリットがありますので、その辺を踏まえた上で検討するのが良いと思います。

任意整理のメリット・デメリット
◆メリット
・金利がカットされ、返済額を見直してもらえる。
・一時的に返済が止まるので、精神的に楽になる。
・高い利息を払っていた場合には、免除になる可能性がある。

◆デメリット
・弁護士費用がかかる。
・しばらくローンが組めなくなる。

私が以前に経験した時は、弁護士費用は30万近くかかりました。
いろいろと経緯を説明していく上で、結構キツイことも言われました。

5年位はローンが組めなかったり、クレジットカードが作れないと言われていましたが、借金を完済してから、3~4年くらいでカードは作れました。

作ろうと思って作ったわけではないのですが、何かの契約の際にクレジットカードを作ってもらいたいと言われて、審査通らないかもしれませんけど・・・とあらかじめ説明した上で審査をしてもらったら、通ったという話しです。

みっぴ
債務整理は、あくまでも最終手段です!
スポンサーリンク

こんな事も考えておくと良いです

日々の生活で、少しでも節約するために、こんなことも意識してみてください。

確定申告をする

医療費などがかかり過ぎていて出費がかさんでしまった場合、10万を超える医療費がかかった場合は、確定申告をすると医療費が戻ってきます。

なので領収書などは捨てずに保存しておくのが良いですよ。

戻ってくる額は大したこと無いんですが、その後の住民税も減額されたりするので、ちょっと面倒ですが、やる価値はあると思います。

日頃の健康に気を付ける

健康管理が出来ていなかったり、不摂生だったりすると、市販の医薬品を購入したり、病院に診てもらったりして、余計な出費が発生します。

これは結構馬鹿になりません・・・

普段から自分だけでなく、家族の体調管理に気を付けておくのが良いと思います。

1人で悩まず相談する

頑張っても1人で解決出来ることには限界があります。

悩み過ぎると、考えが悪い方にばかり行ってしまいます・・・

みっぴ
家族、両親、知人に話しを聞いてもらったり、協力してもらえたら気持ちが軽くなりますよ!

まとめ

借金返済の8つのコツのまとめ
1.自分の収入支出を見直してみる
2.元金を意識して繰り上げ返済をする
3.生活を見直してみる
4.不用品を売る
5.収入を増やす
6.ローンの借り換えを検討する
7.両親・親戚・知人から借りる
8.債務整理を考える

今回の記事は、こうならないように気を付けてください!と言う思いを込めて書きました。

この記事を最後まで見てくれた方で、まだ生活や収入支出を見直してなんとか返済出来るようなら、借金を増やさないように頑張ってもらいたいと思います。

みっぴ
私もまだ自分で出来ることがあるので、諦めずにもう少し頑張ります!
スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です