油津港まつり花火大会2018年の日程とおすすめスポットを紹介します!

スポンサーリンク


みっぴ
油津港まつり花火大会は、トロピカルムードたっぷりの花火大会ですよ~

油津港まつり花火大会は、宮崎県日南市で毎年開催される人気の花火大会です。

県内最大級の花火大会で、メッセージ花火なども打ち上げられます。

毎年大勢の人手でにぎわう油津港まつり花火大会を楽しんでもらうために、日程とおすすめスポットを紹介します!

スポンサーリンク

油津港まつり花火大会の基本情報

油津港まつり花火大会の基本情報
◆日時:2018年7月21日(土) 20:00~21:00

◆打ち上げ場所:宮崎市日南市油津 油津港

◆アクセス:
・JR油津駅から徒歩20分、JR油津駅から宮崎交通バス贄波行き乗り10分、西町下車すぐ
・無料駐車場からシャトルバスあり

◆駐車場:1000台無料、東埠頭・大堂津港、油津小

◆打ち上げ数:約10000発

◆人出数:約5万人

◆有料席:あり
 ・6人6000円

◆問い合わせ先:0987-31-1134 油津港まつり協賛会(一般社団法人日南市観光協会内)

◆公式HP:http://www.kankou-nichinan.jp/

◆油津港まつり花火大会の打ち上げ場所

油津港まつり花火大会の見どころ

港に響き渡る、10000発超の花火!

宮崎県の日南海岸にある油津港で開催される、油津港まつりで打ち上がる花火大会です。

約1万発の打ち上げ数で、県内でも最大規模!

尺玉を含め、水中花火、海空花火、噴火花火、花火前にメッセージを場内放送するメッセージ花火などが打ち上げられます。

海上保安庁巡視船「さつま」体験公開・一般公開、海上自衛隊掃海艇「なおしま」の一般公開など、海にちなんだイベントも盛りだくさんですよ!

みっぴ
10分58秒からの水中花火が見どころですよ!

おすすめスポット3選!

1.サンメッセ日南

サンメッセ日南の情報
住所:宮崎県日南市大字宮浦2650
営業時間:9:30~17:00

サンメッセ日南は、世界で唯一イースター島の特別許可を得て、完全復刻したモアイ像をシンボルとしているテーマパークです。

日向灘を瀬にして高さ5.5mの7体モアイ像がたっていて、丘陵を生かして造られた園内からは真っ青な日向灘を望むことができます。

7体のモアイはいろいろな運気を上昇されるパワーがあると言われており、自分がほしいと思っているモアイ像に触ると運気が上がるそうです。

海に向かって左から順に仕事運、健康運、恋愛運、全体運、結婚運、金運、学力運です。

私はこのことを知らずに全部のモアイ像にさわって、写真をとったのですが、何となくご利益はあったような気がします。

みっぴ
他にもセンタープラザや牛や小動物がいるふれあい牧場もあるので、お弁当など持って、ゆっくりピクニックもいいかもしれませんね♪

公式HP:http://www.sun-messe.co.jp/

2.都井岬

都井岬は、最南端にある日南海岸国定指定公園です。

全国でもめずらしい野生馬の生息地としても知られています。

この野生馬は「御崎馬(みさきうま)」と呼ばれていて天然記念物にも指定されています。

自然の生態系をくずさないようにするため、餌をあたえることはできませんが、出産の時期が4月~8月頃なので、かわいい子馬に出会えるかもしれませんね。

3.道の駅「なんごう」

道の駅「なんごう」の情報
住所:宮崎県日南市南郷町大字贄波3220-24

日南海岸国定公園の中央にある、道の駅「なんごう」は新鮮なマンゴー、デコポン、ポンカンなどを販売しています。

トロピカルドームではマンゴー、スターフルーツ、ドラゴンフルーツなど珍しい果実やお花を育てています。

見学は無料なので、是非立ち寄ってみてください。

リニューアルされた開放的なレストランでも目の前に広がる海と空を感じることができますよ。

道の駅「なんごう」:http://www.michinoeki-nango.jp/

日本海とは違う太平洋の雄大さ、空の青、海の青がコラボした絶景も楽しめるので、足を運んでみてください。

まとめ

◆10000発の花火に魅了

◆宮崎有数のパワースポットで運気Up

◆城下町でタイムスリップ体験

港ならではの水中花火、10000発の連続花火が見どころです!

みっぴ
世界で唯一のモアイ像のあるこちらの町で願い事がかなうかもしれませんね!
スポンサーリンク







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です